As I Please

MTのいんすとーるの練習と、その他びぼうろく・・・

タグ「raspberry pi3」が付けられているもの


switchbot 温湿度計2つ目

家の中にセンサーを置いていろいろ(安価に)計測するのに、4年前にはテストで CC2650STKを購入して BlueToothでデータの取得とかやってたが、単純に 温度・湿度程度であれば、SwitchBotの温湿度計が良さそうということで購入してみて、データを取り始めていた。Switchbotハブミニと一緒に導入したら nature remo と同様に Cloudにデータが上がり、auth0 の認証で APIを叩くことで温度・湿度のデータが取れる。が、すでに nature remoもあるし赤外線リモコンはもう不要だし、そもそも Bluetooth でローカルにデータは出ている、RSSIとBatteryはAPIでは取得できず、なので、4000円弱出して ハブミニを買うのをためらっていた。
室内の温度とは別に、冷蔵庫(飲み物用の、出し入れ扉がガラス製)が夏にはときどきエラーを出して内部温度が上がってしまうことが月に1度程度発生していたので、それを検知するのに、もう1つswitchbot温湿度計を買って今年の夏に備えることにてみようと考えた。
CC2650だと、2分以内に connect して繋ぎ続けないと BLEの接続が切れてしまう仕様で消費電力が多くなるが connect しながら使い続ける必要があり、そうなると電源(CR2022)の寿命問題があるので外付けで単3x8本(2本直列x4並列)など作ってみたが最長3ヶ月くらいしかもたなかった。もっとうまいハンドリング手法があるのだろうけど、、、と思いながら switchbot を使ってみたら単4電源2本で半年は優に問題なくデータを出し続けていて、かつ、バッテリー表示が100%と本当か?と思えるくらい。温度だけだけど安定してデータが長期間取れるのであれば、まずはこれで冷蔵庫のモニターは必要十分ということで、amazonでもう1つ買ってみた。

ここから時系列で書いてみると、


  • 新Switchbotで接続・データ取得はうまくいく。ただし液晶の温度で数字で2,3カ所表示されないところがあって、これはちょっと何だかな・・・まぁ冷蔵庫の中に入れるので問題ないか。

  • これを冷蔵庫の中に入れたら、データが電波強度が激減。データがraspberyy pi3では取れない。が、同じ場所にいる iPhoneアプリからは取得可能。でかつ過去データの取得もOK.冷蔵庫の扉のガラス、2重でUVカットとかをうたっているのでこれが影響?

  • データを取得するために、タイムアウト対応を強化(取れないときはあきらめる)したプログラムで動かしてみるが、やはり3時間に1度くらいしかデータを拾って来ない。raspberryp pi3の位置・角度を変えたりしてみたがなかなか良いところは見つからない。

  • 電池消耗を抑えるために、BLEの advertisingデータを拾って温湿度等を取っていたが不安定。アプリだとしっかりconnectしてデータ取得しているようなので、公式のgit.hubにあるpython-hostを見て、connect してデータを取得しようとしたら、古いものはデータが来るが、新しく購入した方はデータが取れない。Errorを返す。どうも、GATTを発行しているところで error になる。2つとも firmwareは同じバージョン(2.6)なのに、、、?とはいえ、CC2650STKでもあった話だから、bluetooth機器だとよくある話なのかも

  • ふと思い立って、古いほうの switchbot を冷蔵庫の中に入れて運用してみたら、これも電波強度は落ちているかもしれないが、raspberry pi3でデータは取得している。時に欠損するときもあるが新しいものとは段違いに取れている。これ、同じものとは言えない?


ということで、同一製品とは言えどうも中身が違うのでは?という感じ。
新しいもののほうが劣化版のような気がするので、液晶表示が欠けるのを理由に、返却・交換してもらうことに。新しいものも劣化している可能性はあるが。